2007年10月12日

2007長崎くんち「庭先回り」(その1)

前日は出店まわりをしたので、どことも出会わなかった。
後日にがんばってみようと思っていたけど
中日には思いのほかたくさん見れた。


●10月8日(中日)

↑十八銀行本店にて麹屋町「川船」
少々お疲れ?奉納踊りではりきりすぎ!?
途中お囃子を間違い、掛け声も合わず。

八幡町「弓矢八幡祝い船」侍大将

八幡町「弓矢八幡祝い船」
↑上の画像は八幡町「弓矢八幡祝い船」侍大将がお昼寝中。
朝も早くて大変だよね。

下の画像は起きて庭先している(采が向いている)方向を
キチンと見てるんですよ。
子供ながらあっぱれ!

八幡町「剣舞」
↑八幡町「剣舞」
この後、庭先のお店の方が写真撮影をお願いしたら
気持ちよく答えていた。
何枚も撮っていたようですが、イヤな顔もせず。
庭先スケジュールも大変だろうに、いい光景だった。

銀屋町「据太鼓」
↑エキサイカイ病院にて銀屋町「据太鼓」
音を聞きつけて走って行った。
銀屋町のHPに据太鼓の庭先スケジュールはあったけど町名だけで
配られている庭先スケジュールには載ってないし、
おくんちナビにも書いてない。
次回は詳しい場所の公開をお願いしたいです。

演技の後、太鼓を専用の布に手際よく包み専用車に乗せた。
そして町関係者らしき紋付の人が、
叩き手に「次は済生会病院。タクシーに乗って!」と言っていた。
えっ!?タクシー?

そりゃ、太鼓を持って歩いて移動なんて無理だもんね。
太鼓だけ先に到着して、叩き手待ちというのもね。
納得。ご苦労様です。

興善町「本踊り」
↑十八銀行本店にて興善町「本踊り」
さすがに庭先回りでは獅子のズラはしてないんですね。
これはこれでまた違った雰囲気。

麹屋町「川船」網打ち


↑福砂屋にて麹屋町「川船」、西濱町「龍船」
川船は網打ちをして、龍船は白煙を吐いていた。
下世話な話ですが、御花は一体おいくらでしょうか???

くんち終了してからテレビ中継の録画をチェックしたら
前日にテレビカメラ席に当たって龍船のヒゲが折れたんですね。
長坂の上のほうに座っていたので気づかなかった。
その後修復されたかどうかは、
撮影した画像、動画からは確認できず。
どうしたんでしょうね。

五嶋町「龍踊り」
↑五嶋町「龍踊り」
湊公園で待っていたけど、待てど暮らせどやって来ないので
こちらから迎えに行き、ようやく籠町で遭遇。
一行が大人数なので行き過ぎるのには時間がかかったけど
龍本体はあっと言う間にいなくなった。

万才町「本踊り」

万才町担当シャギリ
↑浜の町アーケードにて万才町「本踊り」
本踊りはA班、B班と2班に別れて庭先回りをする。
合理的ですね。
御花の額が大きいところでは合流してフルメンバー。
万才町さんは子供たちも加わる庭先もあるようです。

右側は万才町担当のシャギリさん。
このときアーケードには他の踊り町もいて
ギャラリーが多く身動きできず、しばしの休憩。
やっぱり足が痛いんですね。


↑浜の町アーケードにて銀屋町「鯱太鼓」
あまりの多くのギャラリーで近寄れません。
鯱太鼓はダシを上に上げるので
離れていてもこうやってかろうじて見れた。


NBCニュース(パソコンのみ閲覧可能)

「庭先回り」(その2)を見る


posted by Kitty at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元(長崎)ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。