2013年10月05日

2013長崎くんち「庭見せ」その1

10月3日は長崎くんちの庭見せ。

この日は、庭見せを見るため
シフトを早番にしてもらって
ソッコー定時で、移動開始!





IMG_0382.JPG
まずは栄町。

IMG_0384.JPG
医師会館にて傘鉾
バックの阿蘭陀万歳の壁がかっこいー!

IMG_0392.JPG
ちび万歳、唐子の衣装。

IMG_0395.JPG
長崎銀行にて
阿蘭陀万歳の衣装

IMG_0399.JPG
町娘の衣装。

IMG_0400.JPG
地方さん衣装

IMG_0397.JPG
バルーンアートの御花。

----------------------------------
IMG_0422.JPG
桶屋町へ移動。

IMG_0406.JPG
天狗のお面とやつでのうちわ。

IMG_0405.JPG
女の子たちの衣装。

IMG_0407.JPG
男の子たちの衣装。

IMG_0410.JPG
男の子たちが曳く象。

IMG_0408.JPG
地方さん衣装

IMG_0415.JPG
神官と巫女の衣装。

IMG_0416.JPG
早代わりして若衆と踊女の衣装。

IMG_0419.JPG
時間が早すぎて、氷の彫刻らしいものには
布がかぶさっていた。

IMG_0615.JPG

IMG_0616.JPG
後で見ると、コレでした。

IMG_0417.JPG
すごい!おいしそー!

IMG_0420.JPG
こんなでっかいグリコの御花

IMG_0431.JPG
傘鉾
垂れは新調されたよう。

IMG_0424.JPG
ダシの象。
上に載っている紅毛人(北ヨーロッパの人をこう呼ぶらしい)が
鉦を鳴らし、和時計の針が動き、象の鼻が曲がるからくり細工。

IMG_0425.JPG

IMG_0426.JPG

IMG_0427.JPG
長崎刺繍の十二支の垂れ。

IMG_0434.JPG
中通りを通って移動。
通常、緑に旧町名、青に現町名が
表記されているけど、
東古川町は旧町復活したので、
「旧町名」を塗り潰している。

----------------------------------
IMG_0478.JPG
万屋町へ。

IMG_0451.JPG
今年、垂れが新調された話題の傘鉾

IMG_0446.JPG

IMG_0452.JPG

IMG_0454.JPG
魚尽くしの垂れ。
とにかくナマで見てください。
言葉では言い表せない!

IMG_0494.JPG
1827年縫屋幸介制作の長崎刺繍

IMG_0491.JPG

IMG_0493.JPG
1848年塩屋熊吉制作の長崎刺繍

IMG_0492.JPG
魚尽くしの下絵

IMG_0435.JPG

IMG_0438.JPG
囃子方が乗る納屋
大太鼓だけは乗らず、
叩くので大変。

IMG_0488.JPG
五雙の船の先頭の親父船

IMG_0481.JPG
親船頭の衣装

IMG_0505.JPG
親父船に続く船と
それに乗る船頭衣装
奥に根曳衣装

IMG_0462.JPG


IMG_0463.JPG
バックショット

IMG_0472.JPG
総監督の衣装

IMG_0504.JPG
手前から
先曳衣装
囃子衣装
鯨監督の衣装

IMG_0608.JPG
麾振りの石アさん、いい笑顔です♪
前日の祝い唄、後日の勇み唄を唄う方です。

いい声ですね〜♪と言ったら
7年前唄った方がおじさんで
14年前も親戚(血縁関係説明してもらったけど忘れた)の
方だったそうで、いい声は遺伝でしょうね。


posted by Kitty at 19:43| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元(長崎)ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。