2006年12月03日

「花まちの夢舞台」を見て

先日の記事にも書きましたが
一昨日のテレビOA見ましたか?
また、くんちの感動が蘇りました。

1642年江戸時代に長崎にあった遊郭を
1箇所にして統制を図った。
江戸の吉原、京都の島原と長崎の丸山は三大花街と呼ばれた。

その丸山町の文化を担ったのが
長崎検番の芸子衆(げいこし:芸者)
昭和30年代の全盛期には100人もの芸子衆がいた。

遊女音羽・高雄と二人が舞を奉納したのが
くんちの始まりと言われる。
検番の芸子衆が明治以降、
丸山町と寄合町で2年に1度交互に出場。
遊郭の消滅で資金難、人手不足で
1965年(昭和40年)を最後にくんちの舞台から姿を消した。

そして、今年41年ぶりに復帰。
本番や準備の模様、そして丸山の歴史などが見れた。

長崎検番公式HP
http://www.geocities.jp/nagasakikenban/index.html

詳細はこちら…

・5月16日 町と検番との結納式
緊張した面持ち
・6月1日 小屋入り
町から諏訪神社まで一行が歩いて行くが、
ナマの芸子衆は滅多に見れないので注目の的!
華やかですねぇ〜。
・打ち込み
本踊りの打ち込みってシャギリだけなんですね。
勉強になりました。
・6月28日 庭先回り検討会議
裏方では一番大変な作業ではないでしょうか?
・7月15日 地あわせ
地方(じかた)さんの三味線と芸子衆の踊りを合わせる
さすが芸子衆の本業だけあって、
他の町の練習風景と比べ物にならないほど立派。
・手ぬぐい製作
版画家、小崎侃さん製作。
すごく親しみやすい絵で、好きです。
・8月27日 くんち塾交流会
若い芸子衆二人が踊りを披露
・8月28日 諏訪神社踊り馬場での稽古
芸子衆さんはお座敷があるので踊り馬場では
稽古をしないと聞いていたけど、
踊り馬場に立ったことのない若い芸子衆のため
することになった。
練習と違い、踊り馬場の石畳と
草履の裏のゴムで足運びが大変そう。
・8月23日 シャギリ練習の激励会
子供たちに伝承されている田ノ浦地区のしゃぎり、
将来が楽しみ。
譜面もなく耳と指使いで覚えていく。
立派な伝統芸能です。
こういう人たちもいて、くんちは成立するんですよね。
・9月10日 まきものづくり
手ぬぐいは他の町にないオレンジの鮮やかな色
・傘鉾の練習 女の都組の練習風景
「派手に回らんこと、なめてかからんごと」と
いう傘鉾棟梁の言葉はよかった。
・9月24日 踊り見せ
町の人に完成した踊りを披露。
・10月3日 庭見
花月は長蛇の列で私も見れませんでした。
中の茶屋での衣装、傘鉾は見ましたよ。
長崎人ながら初めて行きました(^^ゞ
立派な庭でしたが、「立ち止まらないで!」の
係の人の言葉にゆっくり見ることができませんでした。
・10月7日 くんち本番
衣装を身につけた芸子衆さんたちは艶やか!
長坂に座っていた私たち。またチョッピリ映っていました(^^♪
芸子衆、町内の方々、終わった後のホッとしたいい顔でしたね。
・庭先回り
長崎ぶらぶら節で有名になった愛八さん、
その遺影と共に姪御さんは庭先回りを受けた。
愛八さんも後輩芸子衆を見てさぞ嬉しかったでしょう。
・帰町
花街だった踊り町しか使えない「チョーサイヤ」という
掛け声とともに丸山町へ帰る。
初めて知りました(^^ゞ
これについては後日、別記事にしますね。

後日は傘鉾も一緒に帰町してたし、検番前で回ってた。
普通、傘鉾は本場所の奉納踊りが終わったら
すぐ帰るものなのですが、丸山町だけでしょうか?

最後は踊り納めをして、万歳三唱。
また、くんちの感動が蘇りますね。
男泣きする副会長、わかりますよ、その気持ち。
芸子衆たちは、この後本業でお座敷に出たらしい。
すごいね、さすがプロ。

若い芸子衆さんは、他のお姐さんたちに比べて未熟ながらも
受け継いで行く将来が楽しみ。
また7年後の出番を楽しみにしています。
って、私も元気にがんばらなきゃ。


posted by Kitty at 20:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 地元(長崎)ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もリアルタイムで観ましたよ!店の準備を早めに済ませて ハマッテ観ました(^^)v『チョーサイヤ』の掛け声の件・・・詳しく分かったら教えて下さいネ!この時期に くんち関係の番組を観れて嬉しかったわ〜♪それと今日 桜町小学校の〔桜っこくんち〕を見て来ました!良かった!!友達の娘が三年生、川船の囃子を担当 しっかりとした囃子に感動(>_<)他に二年生の唐人船 五年生の龍踊り 六年生の太鼓山コッコデショ等がありました♪どれも踊り町からの指導を受けていて本格的(@_@;) 私が個人的に好きだったのは 二年生の唐人船!!囃子も掛け声も船回しも良かった〜 テンポも良いから ついつい くんち本番の時の様に一緒に掛け声をかけていた『ヤーハ!ヤーハ!ヤッ!ヤッ!ヤーハ♪』もちろん『モッテコーイ』も\(^O^)/六年生の太鼓山も完璧で当然良かったんだけど 二年生であれだけの唐人船ができるなんてスゴイ!!の一言です  諏訪小学校の〔諏訪っこくんち〕も気になるので 来年は見たいと思ってます(^^)v
Posted by くんち好きA at 2006年12月03日 23:20
またくんちの感動が蘇ったよね。

次の長崎くんちを担う子供たちがくんちに触れることができるのはいいことですよね。
子供と言えども立派にこなしているのを見ると涙ちょちょぎれますね(←死語?)
Posted by Kitty@管理人 at 2006年12月04日 00:03
録画したやつを3回も見てしまいました。
数十年ぶりに復活するには
大変なご苦労があったと思いますが
同じくらい喜びもあったのでは
ないでしょうか。
このように踊町が復活するのは
私のように直接踊町に関わってなくても
長崎市民として喜ばしい出来事ですよね。
Posted by じんざ at 2006年12月04日 23:34
私も2回見て巻き戻したり、コマ送りしたり。
今後こうやって復活する町が増えるといいですよね。
そして丸山町副会長さんもおっしゃっていたように、継続していってほしいものです。
Posted by Kitty@管理人 at 2006年12月05日 20:37
くんち好きAちゃんからコメント書き込んだのに
途中で切れた!とクレームあり。確かに切れています。
全文受信していますたので、私が代理で再度書き込みます。
念のため、全角カタカナにして改行しました。
--------------
私もリアルタイムで観ましたよ!店の準備を早めに済ませて ハマッテ観ました(^^)v
『チョーサイヤ』の掛け声の件・・・詳しく分かったら教えて下さいネ!
この時期に くんち関係の番組を観れて嬉しかったわ〜♪
それと今日 桜町小学校の〔桜っこくんち〕を見て来ました!良かった!!
友達の娘が三年生、川船の囃子を担当 しっかりとした囃子に感動(>_<)
他に二年生の唐人船 五年生の龍踊り 六年生の太鼓山コッコデショ等がありました♪
どれも踊り町からの指導を受けていて本格的(@_@;)
私が個人的に好きだったのは 二年生の唐人船!!
囃子も掛け声も船回しも良かった〜
テンポも良いから ついつい くんち本番の時の様に一緒に掛け声をかけていた
『ヤーハ!ヤーハ!ヤッ!ヤッ!ヤーハ♪』もちろん『モッテコーイ』も\(^O^)/
六年生の太鼓山も完璧で当然良かったんだけど
二年生であれだけの唐人船ができるなんてスゴイ!!の一言です
諏訪小学校の〔諏訪っこくんち〕も気になるので 来年は見たいと思ってます(^^)v
Posted by Kitty@管理人 at 2006年12月05日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。