2010年10月11日

2010長崎くんち「諏訪神社(前日朝)八坂町」

お次は、八坂町。
この頃には陽がよく当たり、暑さが感じられる。




八坂町「傘鉾」
ダシのビードロの松がキラキラ。
シンプルだけど、陽が当たると美しさを増す。
陽が当たったときのことを考えて
作られたってトコロがステキ。

囃子奉納
踊り馬場一杯を曳きながら、囃子奉納。

長崎刺繍の唯一の継承者、嘉勢照太さんに
補修してもらった長崎刺繍の衣装を着た飾船頭がステキ。
よく似合っていた。

カメラ
川船の網打ちはメインイベント。
カメラの数も半端ない。

網打ち
網打ち船頭は堂々としていて、たいしたもんです。
網打ち2投とも、見事一網打尽。


3回転半、逃げ、3回転半。

八坂町の川船は三輪ということもあり、
速さ、小回りの良さ、船回しの回数は天下一品。

逃げのポーズ
逃げでは今年は、踊り馬場に向かってポーズ。
うん、うん、かっこよか。


3回転半。

大太鼓は女の子だけど、男の子にひけを取らないほどの
力強いバチさばきでホレボレする。
かっこよかです。


片肌、らせん、滝のぼり。

滝のぼりで船を止めた後のポーズも決まり、
囃子が一旦止み、また〆太鼓で始まる囃子もステキ。

もう一度持って来て欲しいトコロだけど
長采の「ありがとうございました!」の挨拶で終了。
posted by Kitty at 16:07| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元(長崎)ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。