2009年06月23日

旦那様の怒り【タクシー編】

ある日、家に帰るとテーブルの上に名刺があった。
旦那様に聞いてみると…



昼間に家の前をタクシーが通った。
その車が我が家の石垣を擦って、そのまま走り去ったらしい。

タクシーは実車中だったので、かなり待った。
でも何の音沙汰もなかったので
旦那様はタクシー会社に電話。

事情を説明すると
タ「車のナンバーわかりますか?何号車だったでしょうか?」
知るかーー!と思いつつ
旦「営業所にその車が帰ってくればわかるよ。結構キズ入っとるけん」
タ「何時ごろ通ったでしょうか?調べればわかりますから」
わかるなら早く調べろーーー!と思ったらしい。

その後、タクシー運転手と営業所の人と揃ってやって来た。
ひたすら謝ったらしい。
そりゃそうだよね、旦那様の言ってることが正しいもん。
運転のプロとして嘆かわしいですな。

この件は、まだ笑いながら話してたから
話す頃には怒りは静まったと思うけど…

この後、怒りはピークに達するのであった。


posted by Kitty at 22:23| 長崎 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族・友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええっ!!
まだまだお怒りモードですか?
ココアでも飲んでここは落ち着きましょうよ。
Posted by ファンファン大佐 at 2009年06月23日 23:04
旦那様は怒ってはいるけど、ビックリすることに落ち着いているんですよ(^_^;)
まだまだ怒りのネタは、ありますよ。
Posted by Kitty@管理人 at 2009年06月24日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。