2008年01月13日

ダイ・ハード4.0

お正月にDVDをレンタルして見た「ダイ・ハード4.0」

12年ぶりに帰ってきた。
世界一運の悪い男、ブルース・ウィリス演じる
ジョン・マクレーン。
今回はサイバーテロに立ち向かう。
ITに疎い彼は、マットというハッカーを相棒にする。
身体を使ってこそが、この映画の醍醐味なのだけど。

かなりスケールも大きく、売りのアクションシーンも特撮も
そこそこあったけど、そこに力を入れすぎて
肝心のストーリーが軽く感じられた。

さらに、シーンとシーンの間の行動が省略されていて
個人的には納得できない箇所もあり。

シリーズの今までの作品がよかっただけに、
期待もしていたので12年待ってコレはちょっと寂しい気もする。
レンタルではなく、そのうちされるであろう
TV放送で見てもよかっかも。

日本語吹き替えがDVD版、劇場版の2種類がある。
初めは知らずにDVD版で見ていたけど、
違和感があって調べて2種類あることに気づいた。

劇場版は野沢那智。うん、しっくり。
野沢那智…ちなみに野沢直子のおじさんだって知ってた?

ダイ・ハード4.0公式サイト


posted by Kitty at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・音楽・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。