2006年12月10日

昨日の晩御飯…「フライパンピザ」

数か月前に友達のHちゃんちで手作りピザをご馳走になった。
Hちゃんは上等でお高い鍋を持っていて
その鍋で作ると短時間ですごくクリスピーで
おいしいピザができる。
食材はごく普通。

すごくおいしかったので、
我が家でもどうにかできないかとレシピを写メした。
そして最近すごく食べたくなってフライパンで作ってみた。
材料だけ写メして、作り方はし忘れたので
作り方はぐうたらな私流。

フライパンピザ今回のトッピングはたまねぎ、
ピーマン、プチトマト、
マッシュルーム、鮭フレーク、
とろけるチーズ。

材料費は、だいたい
¥2〜300くらい。

デリバリーピザを頼むのが
もったいなく思えてきました(^_^;)

Hちゃんの鍋で作ったピザにはかなわないけど、
じゅうぶんいける。けっこうクリスピー。
作り方も簡単!
すっかりハマっている今日この頃です。

作り方はこちら…

続きを読む


posted by Kitty at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

ネコ毛

子供の頃からすごいネコ毛
身体も性格もすっかりネコの私です。

昔は髪の毛が多かったけど、年齢とともに髪の毛も少なくなり
必ず毎日洗髪しないといけないし、
夜遅くなると髪がペッタリと張り付いてしまうのが悩みです。

パーマもかけるのをやめて10年近く
シャンプー、リンスを変えても、
痛みはなくなったけど、ペッタリは変わらず。

先日、とあるサイトで美容師が洗髪の方法を書いていたのを見た。

まず、シャンプーする前は十分にお湯で濡らすこと。
これでかなりの汚れは取れると「あるある」でも言っていた。

次に、指の腹で地肌をよく洗って、頭皮から十分にすすぐ。
これもちゃんとやってる。

次に、リンス
髪が広がる人は地肌に、髪がぺたっとなりやすい人は
地肌を避けてつけるといい。
ナルホド。今まで髪によかれと思って地肌につけていた!

そして、時間を置かずに流してしまうこと。
髪がぺたっとなりやすい人は特によく流す。
ナルホド。今まで髪によかれと思ってあまり流さずにいた!

リンスは地肌を避けてつけて、よく流したら
ナンダカぺたっとしなくなったみたい。
ネコ毛の方、お試しください!

そうそう、男性もちゃんとリンスしたほうがいいんですって。
ちなみに旦那様はシャンプーのみ。リンスインだったかな?
そんなデリケートな髪ではないので、
ま、いいか(^^ゞ

ちなみに私はリンスではなく、コンディショナーを使っていますが
リンスコンディショナーの違いがよくわかりません(^^ゞ
posted by Kitty at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

24 -TWENTY FOUR-

「24 -TWENTY FOUR-」にハマっています。

「24 -TWENTY FOUR-」は現実と同じ時間進行で
ストーリーが展開する米国TVドラマ。
全24話で丸1日の出来事を描く前代未聞の試み。
その斬新な企画発想、息もつかせぬストーリー展開、
ド迫力のアクションシーン。

24を見たことなくても
最近ではジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドが
カロリーメイトのCMに出ているから目にしたことがあるだろうし
オリジナル音楽も耳にしたことがあると思う。

非常事態に登場人物は感情をむきだす。
捜査するテロ対策ユニット(CTU)のメンバーのプライベートも
ストーリーにうまく絡む。
そこがまた人間らしく、登場人物の精神状態が
細かく描かれているのでかなり感情移入してしまう。

なんでも「ながら」の私。
この24だけは見ることだけに集中してます。
て言うか、ひきつけられて目が離せません!

ジャック・バウアーみたいな人が側にいたら
どんな危険にも立ち向かってくれそうだし、
無人島に漂流しても生き延びられそう。

個人的には、トニー・アルメイダ役の
カルロス・バーナードが好きです。

「24 -TWENTY FOUR-」は…

続きを読む
posted by Kitty at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・音楽・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

「チョーサイヤ」のその後

先日、じんざさんからのコメントで教えていただいた
リンク先から情報を収集し、以下に要約してみました。

------------

庭先廻りで夜遅くなり子供達が疲れてくると、
大人が肩車して「チョウサイヤ」「チョウサイヤ」と
言いながら庭先廻りを続けていた。

また町によっては庭先廻りが終わって帰ってきた時に
「チョウサイ」と儀礼のように言うところもあった。

中国で東西南北と中央の五方向にある招財の神様、
五路財神(ウールウツアイシン)の
趙玄壇(チャウエンダン)、招財(チャウツアイ)、
利市(リィスウ)、招宝(チャウパウ)、納珍(ナチン)。
この五路財神を祭る事を「?福」(ヤーホー)という。

龍踊りの掛け声「チャーパー」、唐人船の掛け声「ヤーハー」
「チョウサイヤ」はこの神様たちを表している。
中でも「チョウサイヤ」を意味する招財は、
金銭を司る神で金が入る意味があり
特にめでたい言葉として広く使われた。

------------

中国の縁起のいい神様から掛け声ができたようですね。
先日の丸山町の特番でも「庭先回り=営業」と言っていた通り、
庭先回りでお金が入ることを意味するこの言葉を使ったのでしょうね。

庭先回りでの掛け声は、耳にしたことがないけど、
帰町での掛け声はまさに丸山町のことですね。

今ではナゼ丸山町だけがこの掛け声を使うことが
できるのかは定かではなく、まだまだ不明なこともあるけど
モヤがかかっていたところが少し晴れたようです。

また、情報がありましたらご一報くださいませ。
posted by Kitty at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 地元(長崎)ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

キムタク

最近少し短髪になったキムタクをテレビや雑誌で見ると
必ず「ホリ?」と思うのは私だけでしょうか?

キムタクってホリに似てるよね。
いやいや、ホリキムタクに似てるんだよね。
ま、どっちでもいいか。
posted by Kitty at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・音楽・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

世界ふしぎ発見!

またまた、長崎くんち関連記事です。

2006長崎くんち後日の諏訪神社の踊り馬場ミステリーハンター坂本三佳さん
↑今年の長崎くんち後日の諏訪神社踊り馬場に
TBS「世界ふしぎ発見!」
ミステリーハンター坂本三佳さんがいました。
(左の画像では紅白幕の前に写ってます)
一番町の丸山町から最後の鯨の潮吹きの万屋町まで
紅白幕の前に立って見ていました。
すごい体力、さすがミステリーハンター!

一体何のふしぎの取材なのかと
皆で話していましたが土曜日の夜に放送されました。

世界ふしぎ発見!
「日米交流はここから始まった!幕末サムライ英会話学校」


ペリーが驚くほど英語を使いこなす
森山栄之助というオランダ通詞のお話。

鎖国をしている日本で唯一世界に開かれてた港町、長崎。
長崎くんちは諏訪神社の大祭。
オランダ人が出島を抜け出し、
諏訪神社までの道のりを歩けたのはこのくんちのときだけ。

ということで、長崎くんち後日の網がかかった鯨、川船、
御朱印船、本踊り、オランダ万歳が少しだけ放送された。
後日は私たちはいいポジションンにいたので
映っていましたよ(^^♪

こちらにその画像があります。
私も米粒くらいの大きさで映っています。
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/mystery988_2.html

ミステリーハンターインタビューはこちら↓
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/mystery988_1.html

番組の詳細はこちら↓


続きを読む
posted by Kitty at 23:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 地元(長崎)ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

チョーサイヤ

先日の記事の「チョーサイヤ」という掛け声。
初めて耳にしたのでネットで調べてみました。

その中で「明治時代の鼕」
関連する文面を発見。
以下はそちらのサイト様の了承を得て一部抜粋。

「聞くところによると、この古めかしい掛け声は、
数世紀前に京都で起こったものらしい。
何か大きな建物が建てられていたとき、
大工たちが材木をいっせいに引いたり、
持ち上げたりするタイミングを合わせるため、
裕福な施主の名を唄うよう命じられたのだそうだ。
だが、今日ではもとの言葉は忘れられ、
チョーサイヤは祭りのときに大人たちが叫んだり、
子供たちが遊戯のときに叫んだりするほかは、
あまり意味がなくなってしまった。
(『ラフカディオ・ハーン著作集』第15巻、
恒文社、1988年、467ページ)」


京都が発祥の地ということで、
検索結果で↑の島根、その他福岡でこの掛け声を使っている。
神事の掛け声で神輿を担いでいるときが多いよう。
長崎くんちも神事なのでうなずける。

花街だった踊り町、丸山町だけが使うことが
できたというのはくんちの始まり(遊女が舞を奉納した)に
関係した特権なのでしょうか?

この掛け声の意味をご存知の方、ぜひご教示ください。
posted by Kitty at 00:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 地元(長崎)ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

「花まちの夢舞台」を見て

先日の記事にも書きましたが
一昨日のテレビOA見ましたか?
また、くんちの感動が蘇りました。

1642年江戸時代に長崎にあった遊郭を
1箇所にして統制を図った。
江戸の吉原、京都の島原と長崎の丸山は三大花街と呼ばれた。

その丸山町の文化を担ったのが
長崎検番の芸子衆(げいこし:芸者)
昭和30年代の全盛期には100人もの芸子衆がいた。

遊女音羽・高雄と二人が舞を奉納したのが
くんちの始まりと言われる。
検番の芸子衆が明治以降、
丸山町と寄合町で2年に1度交互に出場。
遊郭の消滅で資金難、人手不足で
1965年(昭和40年)を最後にくんちの舞台から姿を消した。

そして、今年41年ぶりに復帰。
本番や準備の模様、そして丸山の歴史などが見れた。

長崎検番公式HP
http://www.geocities.jp/nagasakikenban/index.html

詳細はこちら…

続きを読む
posted by Kitty at 20:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 地元(長崎)ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

またひとつ

年をとりました。
今更誕生日を喜べる年でもなく、
それどころか健康がとても気になるお年頃です。

あいにくの天気で寒い日となったけど
いろんな友達にお祝いメッセージをいただきました。

前日からりらっくまの可愛いデコメールをくれたけいさん、
夜中の12時になってすぐメールをくれたAちゃん、
お祝いと一緒に「よいお年を」と年末のようなメールをくれたO姉、
メロディ付きでメールをくれたTちゃん、
私の大好きなキティちゃんをキーホルダーに彫ってくれると言ったMANAちゃん、
携帯からメールするのがイヤでいつもパソコンからくれるのに、
わざわざ携帯からメールしてくれたK子、
この場を借りて改めて感謝します。
(お名前の順番はお祝いをいただいた順です。)

ま、ひとつ年をとっても相変わらず落ち着きのないぐうたらで
せっかちな私ですが、今後ともどうぞヨロシク!
posted by Kitty at 23:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

2006小ヶ倉くんち

「くんち」は何も長崎くんちだけではありません。
長崎郊外のあちこちでも「○○くんち」
(○○には土地の名前が入る)とよばれるお祭りがある。

2006小ヶ倉くんち手ぬぐい←これは今年の
「小ヶ倉くんち」の手ぬぐい

今年の出し物は龍踊りだったみたい。

「小ヶ倉くんち」は
小ケ倉の大山祇神社のお祭り

上場、中町、小ヶ倉町2、3丁目の
4自治会が持ち回りで奉納らしい。

長崎くんちと違って詳しくはありませんので
間違っていたらごめんなさい。m(__)m

2006小ヶ倉くんち龍踊りのうろこ(表)2006小ヶ倉くんち龍踊りのうろこ(裏)
↑これは龍踊りのうろこ
これは縫い付ける前のうろこで
花御礼に配ったもののようです。
これが何千枚も連なって龍になる。

龍踊りを奉納しているときにうろこがはがれることもあり
これを手にするとかなりのラッキー。
いまだかつて、私は手にしたことはありません(*_*;

こちらの「小ヶ倉くんち」では
「鯨の潮吹き」の出し物もありました。
posted by Kitty at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元(長崎)ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。